アンテナ工事は単純にアンテナを取り付ければ良いというものではありません。アンテナ設置後に、鮮明なテレビ映像が見ることができるようにならなければなりません。そのためには、電波特性をよく理解している業者の選択が大事です。良い業者を探すには、アンテナメーカーの相談センターに連絡を取って、地元のメーカー推奨の業者を紹介してもらう方法があります。この方法だと、地元の電波特性も熟知しているため、適切な工事を行ってくれます。

住んでいる地域には、電気メーカー系のショップかあるケースもあります。このようなお店でも、電気製品の販売だけでなく、アンテナ等の設置工事を行うケースもあります。しかし、最近では大型の家電量販店が、アンテナ製品と工事まで委託業者を使い、対応するケースも普通には行われています。このケースだと、アンテナの購入から設置工事まで一気にできるメリットがあります。

但し、電界調査を行うわけではないので、アンテナ設備の選択は自己責任になることは間違いありません。そうなると、結果的には専門業者をメーカーに紹介してもらい、調査から機器選択、工事をまとめて行う方法が、理想的な工事業者の探し方、決め方になると思われます。

アンテナの設置方法は、電波の届き具合で大きく変わってきます。受信環境が良いロケーションだと自分で設置することができますが、感度が悪い地域だと、専門のアンテナ工事業者に設置工事を頼む必要があります。ベランダ設置でも、手すりや柵の設置ではなく、壁面設置の場合も、壁面へのアンカーボルト打ち込みが、必要な場合も出てきますので、その際にも専門業者への依頼がお勧めです。特にアンテナを屋根の上に設置する時は、危険性が高まってきますので、必ずし業者への依頼が必要です。

専門の工事業者に頼めば、単なる設置工事だけでなく、電波の強弱を計測する電界調査や、その結果に基づくアンテナ設備の選択、そして理想的な設置工事を行なってくれます。アンテナの設備が大規模になればなる程、受信状態も良くなることは当然なのですが、過度な設備を用意する必要はありません。また、設置する場所によっては、普通のアンテナではなくて、錆や塩害に強い材質の特殊コーティングが施されている物を使う場合も出てきます。

このようなケースでも、適切な判断をするためには、専門業者の力が必要になってきます。地デジ放送が手元のスマホでも見られるようになっていることから、あまり受信アンテナを意識することがありませんが、プロの業者の存在は欠かすことができないのです。

アンテナにも種類があります。電波の強い強電界地域では、室内用のアンテナを設置するだけで、放送を視聴することができます。しかし、建物が鉄筋の構造物やマンションの場合、電波が室内まで届きにくい場合もありますので、できるだけ受信しやすい窓の地格に設置することが必要です。これが電波が届きにくい中電界地域では、アンテナ素子のあるアンテナが必要です。

また、取り付け場所は室内ではなく、屋外設置になってきます。それより電波が弱い弱電界地域だと、もっと素子数のアンテナを設置することになります。設置場所はもちろん屋外になってきます。個人で設置する時には、危険性の少ないベランダに付けることが、一般的な方法です。マンション等の集合住宅だと、屋上にアンテナが設置されており、建物内はなテレビ共聴線が敷設されているので、アンテナ設置の必要はほとんどありませんが、一戸建ての住宅はアンテナ設置が必要です。

この時に強・中・弱電界により、アンテナの種類と設置場所が変わってきます。屋外プールの時には、2階のベランダに付けることが多くなりますが、設置場所が手すりや柵の場合に電波の届く方法を見極めておかないと、受信感度が大きく変わってきます。

テレビ放送がアナログ放送からデジタル放送になってから、もう久しいのですが、ほとんどの家庭は既に地デジTVが終っているかと思われます。しかし、引越しや建て直し等で、改めて地デジを視聴するために、アンテナを取り付けるケースもあるでしょう。地デジアンテナの役割は、地デジ放送をテレビで見るためには、放送局から出されている地デジ電波を受信する必要があります。

その受信に必要なのが、アンテナなのです。最近は、都市部でケーブルテレビの線を直接、家庭内には引き込んで、地デジ放送を見ることもありますが、そのような環境がない地域だと、アンテナを自宅に立てて、地デジ放送波を受けられるようにしなければいけないなりません。 しかし、放送波も届きやすいの強電界地域と届きにくい中・弱電界地域があります。その状況によって、設置するアンテナの構造も変わってきます。アンテナ素子と呼ばれていますが、素子が多ければ多い程、受信感度が良くなってきます。

また、電波の送られてくる方向も知っておくことが必要です。これらの条件を知りつつ、適切な取り付け方で放送の移り方が大きく変わるのです。それがアンテナの重要なポイントです。アンテナの役割は、テレビを見るためには必要不可欠な大事な設備の1つです。最近は、ワンセグ放送がガラケーやスマートフォンでも見られるようになっています。これも端末機器の中に地デジのアンテナが設けられています。テレビ視聴は、必ず必要だということです。