取り付け方

アンテナにも種類があります。電波の強い強電界地域では、室内用のアンテナを設置するだけで、放送を視聴することができます。しかし、建物が鉄筋の構造物やマンションの場合、電波が室内まで届きにくい場合もありますので、できるだけ受信しやすい窓の地格に設置することが必要です。これが電波が届きにくい中電界地域では、アンテナ素子のあるアンテナが必要です。

また、取り付け場所は室内ではなく、屋外設置になってきます。それより電波が弱い弱電界地域だと、もっと素子数のアンテナを設置することになります。設置場所はもちろん屋外になってきます。個人で設置する時には、危険性の少ないベランダに付けることが、一般的な方法です。マンション等の集合住宅だと、屋上にアンテナが設置されており、建物内はなテレビ共聴線が敷設されているので、アンテナ設置の必要はほとんどありませんが、一戸建ての住宅はアンテナ設置が必要です。

この時に強・中・弱電界により、アンテナの種類と設置場所が変わってきます。屋外プールの時には、2階のベランダに付けることが多くなりますが、設置場所が手すりや柵の場合に電波の届く方法を見極めておかないと、受信感度が大きく変わってきます。